Since 2007


PROFILE

Author:Money Bee
STAFF ONLY



GROUPS



SouledOutStudiosJapanLogo_Small2.jpg



MY LINK

hmpface.png   hmptweet.png



MOVIE Nick Walker

Nick Walker w/Black Eyed Peas



CATEGORIES



ARCHIVES



Mail Form

NAME(お名前):
MAIL(メール):
TITLE(件名):
TEXT(本文):



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ben Eine Solo Show is coming up soon!!

ここ数週間はオフィススペース探しに明け暮れています。。。
気になる場所の物件は色々と見ましたが、
中々良いのがありません。。。

とりあえず妥協はせず、
これぞというのがあるまで探します!!

そんな事をしている間に、
現在、来日している、
Ben EineのSolo Showが今週の金曜日と迫っていました!!!

大阪では色々としているみたいですが、
東京ではどんな動きをするのか楽しみですね~

Eineが終われば、
あのクレージーなアーティスト(Banksy映画にも出演)が来日しますね。。。
その詳細は後ほど。。。こいつは要注意人物です(笑)



About Ben Eine

1970年生まれのベン・アイン(Ben Eine)は、
14歳の頃から路上でグラフィティを描き始めました。
バンクシーやポール・インセクトといった作家のスクリーンプリントを手がける一方で、
自らもグラフィティに留まらない独自の表現を求めてアーティストとして本格的な制作を始めました。
ロンドンのKingsland Roadに並ぶ四軒の店のシャッターに、
「EINE」という文字をそれぞれ描いた作品が話題になり、
イースト・ロンドンを中心に次々と路上制作を行いました。
巨大でカラフルな文字はすぐに街の新しいランドスケープとして評判となり、
ヨーロッパ・アメリカ・インド・日本の各地でもとその姿を見せるようになります。
今年はバンクシーやバスキアを一同に集め、
大きな話題となったMOCA(ロサンゼルス現代美術館)の「ART IN THE STREETS」にも出展、
またイギリスのキャメロン首相がオバマ大統領へのギフトとして、
アインの作品を贈った事でも世界的なニュースになりました。
さらにANYA HINDMARCHとコラボレーションを行い、
東京銀座店のウィンドウやバッグデザインに作品が起用されるなど、
その活動は様々なフィールドで注目されています。
そしてついにこの夏、
503の企画によりメグミオギタギャラリーで満を持しての日本初個展を開催いたします。
今展では文字にこだわった制作を続けてきたアインの集大成として、
A to Zのサーカスフォントの作品を中心に展示をいたします。
ラメを織り交ぜ重ねた下地で奥行き出した上に、
クラシカルであると同時に未来的なサーカスフォントの文字が整然と描かれた様子は、
発射台のロケットのように爆発寸前のパワーを秘めています。
それは単体では意味を持たないが、
その配列によってあらゆる言語と思想を生み出す文字の魔術的な力と、
アインの独創的な色彩や形態感覚が織りなす芸術作品です。
アインは意味を持つ前の字体そのものの美しさを抽象化し、
表現へと昇華させます。
それは筆の躍動的な痕跡で文字の意味を見せる「書道」とは違ったアプローチでありながらも、
共通する世界観を感じさせます。
そのため日本で個展を行う事は文字の原点を追求し、
表現の幅を広げるために必然であったとアインは言います。
展覧会初日にはアイン本人も来場し、
サプライズの企画もありますのでどうぞご期待下さい。

http://503.nu



イベントお問い合わせ
会期: 2011年8月19日(金)-2011年8月28日(日)
会場: メグミオギタギャラリー
ベン・アイン来日レセプション: 2011年8月19日(金)19:00 - 21:00


DSC_1029.jpg





テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。